潤pの、就活やめて、世界一周することにしちゃった。

2016/4/15から始まった、世界中の「働く」を探るプロジェクト! 日本の「就活」と「働く」ことに息苦しさを感じた「現役就活生」潤pが、世界の同世代と出会い、就活事情と労働環境、そのライフコースを取材、配信し、 帰国後に電子書籍化するプロジェクト。

こうして、1つ、これから本へ。

そうこうしてましたら、ついに、帰国日ということで、 www.youtube.com この長い長いプロジェクトも、やっとこさ、1つの段落を迎えるのです。 あー遅すぎて、本当失礼しております。 ブラジル・リオから東京へと。 最終日とは不思議なもので、いきなり全て…

失業率10%越え!? 経済危機のブラジルで、ブラジル人がこんなに毎日楽しそうな理由。

世界は歴史の上に成り立っている。 そんなことを、メキシコ、ブラジルを超えてつくづく思うのです。 *サンパウロの日本移民史料館 ブラジル、サンパウロの日本史料館へ行った時、なんだかやたらと胸が熱くなる。 70年前の日本人は、色んな苦労を乗り越えて…

【ブラジル・リオデジャネイロ遊び尽くし!】サンタテレサ、ポン・ヂ・アスーカル、セラロンの階段、アサイーまで観光!

最後の国、ブラジルにして、最後の都市、リオデジャネイロ。 最後の最後にして、本気でここに永住してやりたいと思うほどに、最高な場所だったのであります。 あー戻りたい。 アツイ太陽とキラキラビーチの街、リオ! リオといえば、まず何といってもビーチ…

【日系ブラジル人ってどんな人?】日本語が話せない「日本人」が教える、苦しみを希望に変える生き方とは?

地球の裏側に、世界一の日本人街があるって、知ってましたか!? www.jumpeikobayashi.com 上の記事でもご紹介しました、ブラジルのサンパウロには、世界一の日本人街、リベルダージという場所があります。 遡ること、100年以上前、奴隷制廃止による労働者不…

【ブラジル・サンパウロで大晦日年越しカウントダウン!】リベルダージ、日系移民史料館、サッカー・ミュージアム、ズー・ライ寺まで観光!

ついに、、、 最後の国に到着してしまいました。。。 ブラジル!!!!!! ブラジルはビザもいるし、ビザ高いしめんどいし、物価も高いし、なんか色々問題はあるのですが、なんなんだろう、とりあえず行かねばならぬ気がしてまして。 なんとかメキシコシテ…

【メキシコの大学生は、皆んなメキシコが嫌いなの!?】超えられないメキシコ人種格差の壁と実はシンプルなその理由。

近年のメキシコ人若者層の大きな動向といえば、海外へ移住する人が増えていること。 言い方を変えれば、国を捨てる若者が非常に多いことだと思います。 今、メキシコ人の移住先人気国はカナダでしょう。 世間を賑わせたトランプのメキシコに対する厳しい政策…

【今、ベネズエラで何が起きているのか?】亡命者が語る、1日に50人が殺される国の現状。

ベネズエラの恐ろしい状況、知っていますでしょうか。 独裁政権によってコントロールされるこの国は、今、1日に50人が殺される治安状況と(*以下記事参照) チョコレート1枚買うだけで最高額紙幣が10枚必要なほどの、ハイパーインフレーションを迎えてい…

格差の就活事情【メキシコの格差構造を変えてやりたい】生い立ちに負けない1人の原住民系学生のキャリアプラン。

大きなバックパックを抱え、メキシコシティの地下鉄を移動している時、目の前にいた1人の若者が話しかけてきました。 男:それ、重くない? 何キロぐらいあるの? さすがはラテンアメリカ。 地下鉄内で見ず知らずの人に話しかけるなんて、オープンなお国柄…

【メキシコの古都を周り尽くせ!】グアナファト、サン・ミゲル・デ・アジェンデ、ケレタロ、レオン観光。

メキシコシティを後に、いくつかの古都を周りました。 スペイン植民地時代のコロニアルなんちゃらという建築スタイルと、メキシコの乾燥した気候、そして陽気なメキシコ人が融合して、独特の街並が楽しめます。 世界遺産に街ごと登録されているところも多く…

意外と安全!? メキシコシティを遊び尽くす! テオティワカン、ルチャリブレ、タコスまで観光尽くし。

さてさてさて、旅も終盤の終盤。残すはラテンアメリカのみ! NYから飛行機でメキシコへやってきました。 www.youtube.com ラテンアメリカ有数の大都市であり、メキシコの首都、メキシコシティ。 空港を降りた瞬間の匂い、景色、雑音、、、 いやぁ、久しぶり…

【トランプが明かす、アメリカンドリームの崩壊】アメリカ資本主義の「美学」と、日本の生きづらさの正体。

アメリカという国を理解していなかったこれまで、アメリカは弱肉強食の優しさのかけらもない恐ろしい国だと思っていました。 しかし、こうして長くアメリカという国を感じてみると、この果てしのない競争も、アメリカ流の「美学」を元にできているのだという…

アメリカ就活事情【絶望は希望の始まりだった!】人種・格差を超えて、それでも挑戦する、アメリカの大学生。

学歴社会アメリカでは、ピンからキリまで大学のレベルも様々。 今回は、ニューヨークから州をまたいでニュージャージー州へ、といってもマンハッタンから川を越えて島向かい。 ニュージャージーシティ大学へ行ってきました。

【クリスマスのニューヨーク観光】タイムズスクエア、アポロシアター、ブルックリン、トランプタワーまで。

世界の中心、ニューヨークシティに降り立ちました。 着いたその日は、すっかりクリスマスシーズン。 www.youtube.com 世界一クリスマスが似合う街として知られておりますこの街。 有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式も行われておりまし…

【アメリカ弱肉強食の就活事情】学歴闘争に負けた若者の、超現実的なキャリアプラン。

究極の競争社会、アメリカ。 前回記事で触れたハーバード大学の優秀学生がいる一方で、そこにあぶれてしまう若者が存在するのもまた事実。 www.jumpeikobayashi.com ただ、彼らもただ黙ってい生きているわけじゃない。 彼らには彼らなりの人生設計があり、戦…

【勉強しなくちゃ生きてけない】究極の競争社会アメリカに生きる、世界1のハーバード大学生に就活直撃インタビュー!

絶対に行ってみたかった場所、ボストンのハーバード大学。 若者の「働く」意識を世界中で見て周っている潤pのプロジェクトにおいて、世界1の大学生の人生って、一体どんなものなのか、彼らは何を考えて生きているのか、見ないわけにはいかんのです。 *ハー…

ついにアメリカやってきた。ボストンからスタート。

イギリス・ロンドンを旅立ちまして、ついに、最後の大陸、アメリカ大陸へ。 スタートは、懐かしのカナダはモントリオールなのですが、こちら完全プライベートライフを送らせていただきましたので、ブログの方はアメリカ突入編から再開させていただきます。 …

【日本の生きづらさの根源は、イギリスにあった!】似てるようで似ていない、同じ島国、日本とイギリス。

ロンドンの街に着いた瞬間、久しぶりに東京を感じました。 こんなにスーツの人を見かけた国もこれまでなかったし、 険しい顔つきで忙しそうに人が行き交う交差点も久しぶり。 朝の通勤ラッシュでは改札にダッシュで駆け込む人がいて、 まさか、電車の中で、…

【移民に生まれてよかった】ロンドン移民の若者は、イギリス人より大人だった。クルド人移民の大人びたライフコース。

グローバル都市ロンドン。 この旅始めての英語圏だー!と思ってカチコミんで行ったら、周りで聞こえるのは、中国語、アラビア語、トルコ語、ヒンドゥー語、聞いたこともない言語、、、ってくらいのダイバーシティです。 日本人の知らないヨーロッパのグロー…

【移民難民がヨーロッパをメチャメチャにしてるって本当!?】日本人の知らない、本当の移民の姿とは。

日本で「移民」という言葉を聞くと、なんだかゾッとする気分になる。 ネガティブな印象の強いこの言葉は、最近の中東情勢や、ヨーロッパの移民問題の報道を受け、より一層悪いイメージとして日本人には届けられているように思います。 潤pがイギリスを訪れた…

イギリス社会への反抗から生まれた街、ロンドンの原宿、カムデン・タウンの魅力とは。

この旅1番の「場所」にロンドンで出会いました。 こんなに潤pを魅了し、心を奪ってしまったのは、ロンドンのカムデン・タウンだったのです。

ドーバー海峡こえパリ - ロンドンへ。バッキンガム宮殿、オックスフォード、大英博物館、ゴッズ・オウン・ジャンクヤードまで。

パリを舐め尽くしまして、一路、ドーバー海峡を渡り、やってきましたイギリス・ロンドン。 そう、あーついに、ここまで来たか潤p。 着いた瞬間のトキメキは、パリのものとはまた違う。 世界の文化の中心に来たんだという、興奮です。

【男たちはやたら乳揉んでたけど、やっぱいいわ、パリ】「粋」な街フランスパリ、シャンゼリゼ通り、ルーブル美術館、モンマルトル、蚤の市まで観光目白押し。

誰もが一度は憧れる街、パリ。 おフランスと聞くだけで、もう、うぁあああってなるし、パリなんていってら、うんぬぅあああって感じですが、スウェーデンを後に行ってまいりました。 www.youtube.com

ファッションから考える、パリと原宿の「自由」は違うものだった!!

自由の国、フランス。 こんなに楽しい場所はない、パリ。 ただ、何でしょうか。 自由大好き潤pくん、なんだかここパリが物足りない。 フランスでは「自由」をテーマに考えてきておりますわけですが、 より掘りまして、 今回は潤pの思う、東京の自由の聖地、…

【デモもするけどバカンスもしたい】世界1自由に生きるフランス人のライフスタイルとは!?

パリ滞在中、家に泊めてくれていたフランス人の友人Aさんが、こんなことを言いました。 A:フランス人にとって一番大切なことは、自由だと思う。 *家に泊めてくれていたフランス人カップル

【日本人の知らない、理想国家スウェーデンの崩壊】高福祉国家に生まれた若者は、本当に幸せなのか?

これまで潤pは爆速で歩くことで名を馳せてきたわけですが、 世界23カ国周る中唯一潤pを追い越したのは、スウェーデン人だったのです。 なんなんでしょうか、スウェーデンに来てからというもの、奇妙な感覚が抜けません。 滞在中1日も晴れなかったということ…

【豊かなスウェーデンで、夢を失う若者たち】実は知らないスウェーデンの若者の今!

スウェーデン。 この旅の中で、必ず行かなければいけない場所だと、出発前から考えていました。 豊かな高福祉制度に支えられた、世界でも先進的だと評判の北欧の国には、それはそれは世界でもずば抜けて尊敬すべき若者がいるのだろうと。 しかし、、、事情は…

【休学したけど、やっぱりスウェーデンがいい】意外と保守的なスウェーデンの若者たち。ストックホルムの就活事情。

スウェーデン人の若者は保守的だった!? 福祉国家で、休学も当たり前、なんて素晴らしい社会の裏にある、若者たちを保守的に向かわせる意外な動機がありました。 今回は1人のスウェーデン人の若者から、そのライフコースの描き方、就活、聞いてきました。

北欧スウェーデン、ストックホルムを満喫。 - 旧市街ガムラスタンに北欧雑貨、田舎ライフまで観光せよ!

ヨーロッパ編、お次の国は、スウェーデン! 「働く」に関して考える旅で、外せなかったのがここ、北欧なのです。 空港到着! 市内へ出ようと電車のチケットを購入しようとしてびっくり。 え!? ¥2000 いきなりすぎる物価高騰についていけず大混乱。 タイな…

セックスミュージアムにイってきた。@オランダ・アムステルダム

賭博オッケーの、売春オッケーの、マリファナオッケーの自由すぎるオランダはアムステルダムには、目を疑うような大人気ミュージアムがございます。 それがこちら、 セックスミュージアム! 街の中心地に堂々とあります、行列のできる博物館。 さっそくイっ…

売春 オッケー!マリファナ オッケー d(^_^o) 自由すぎるオランダ・アムステルダムが本当に自由な理由。飾り窓からコーヒーショップまで。

www.youtube.com ヨーロッパ旅は続きまして、自由の国、オランダはアムステルダムにやってきました。

【日本人とドイツ人は全く似ていなかった!】ドイツ人にできて日本人にできない6つのこと。

よく、日本人とドイツ人は似てるって言われませんか? お互い、勤勉、真面目で、同じ工業国。第二次世界大戦の敗戦国と。 ただ、ドイツに行ってみて、現地の人たちと出会ってわかったことがあります。 日本人とドイツ人って、ぜんっぜん似てない!!!むしろ…

ミュンヘン→ケルン→デュッセルドルフ行ってきた。ドイツ観光の面白さ!

ドイツを駆け抜けました道のりは、 ミュンヘン⬇︎ケルン⬇︎デュッセルドルフ ドイツって一体どんなとこ!? 周ってみると面白い、ドイツの魅力をご紹介!

【学校行く意味ないから中退した!?】職人として生きていくドイツの若者、日本人の100倍自由で真面目なライフコースの描き方。

ドイツは今回潤pが旅した国の中で、 最もブルーカラーの地位が高い国でした。 日本を含めて世界的に、ホワイトカラーの人は、高学歴、高収入、社会的地位の高い人として認識される一方、ブルーカラーで働く人に対する負のイメージは少なからずあると言わざる…

【10歳で人生が決まる!?】世界一見習いたいドイツの若者とは? - ドイツの教育システムから考える。

宣言できることがあります。 この旅を通して出会った若者の中で最も見習いたい若者は、ドイツ人の若者たちでした! 潤pの主観であることは前提として、世界で最も自由、それでいて堅実、そして積極的な彼らのその洗練されたマインドは、一体どのような背景か…

世界1アホな祭り、オクトーバーフェスト行ったら、やっぱりドイツ人達はアホだった。@ミュンヘンで1Lビール!

世の中に、こんなアホな空間あるんでしょうか。 朝の小鳥のさえずりと共に、1Lビール。 ランチと一緒に、1Lビール。 午後のティータイムの代わりに、1Lビール。 晩御飯と一緒に、1Lビール。 1日の締めもやっぱり、1Lビール。 やっぱり、あんた達は愛すべきア…

あ、私、不潔ですね。

バックパッカー界のしきたりといえば、髭を伸ばし、髪を無造作に放置し続けることであることは、周知の事実である。 かくいう潤pも、そのしきたりに敬意を評し、ここまでの旅路、髭と髪とをひたすらに伸ばしてきたわけである。

【インドじゃ人生観はひっくり返らねぇ!価値観変えたきゃイスラエルに行け!!】世界23カ国を周った潤pがイスラエルを本気でオススメする理由。

世界23カ国を周った今、多くの人に聞かれる、 1番行った方がいい国どこ? 潤pは間違いなく、イスラエルと答えるのです。

【シリア国境行ってきた】24時間の爆撃に、ISの武器輸送車見てきちゃった!? - シリアの今現在。

24時間止まらない爆撃、上がる煙に、ISの武器輸送車!? 命がけの、シリア国境行ってきました。

国籍もパスポートもない若者たちの、社会に風穴をあけるカウンターカルチャー。@イスラエル・ゴラン高原に住むドールズ教徒の若者たち。

旅をしていると、「見極め」を試されることが多い。 これ、本当に美味しいのか? これ喰っても、腹壊さないか? ここは、危なそうだから行くのやめよう。 これ、ハニートラップじゃないよね。。。 一番難しいのが、 この人信じてもいいのか!?それとも悪人…

【本当の被害者は、イスラエル人の若者だった】ユダヤ人の若者が語る、パレスチナ問題、イスラエル側の視点。

イスラエルの若者は、3年間の兵役が義務付けられています。 韓国など世界のいくつかの国にも兵役はありますが、未だテロなどが絶えない不安定なイスラエルの兵役の厳しさは、群を向いている。 トム:仲間が何人も、目の前で殺されたんだ。 極限状態で生き抜…

【パレスチナ自治区でディープなフィールドワーク】イブラヒム爺さんのピースハウス、エルサレムからシュアファット難民キャンプ、ビルゼイト大学行ってきた。

パレスチナ自治区、覗けば覗くほどその興味深さを味わえるような場所。 目の前で突然テロも発生しましたし、十分注意が必要ですが、 日本ではまず味わえない体験がたくさんあります。 今回は、そんなパレスチナ自治区で、ディープなフィールドワークしてきま…

【ホテルからすぐ、アラブ人男性が殺された】パレスチナ人の就活 - 殺すか死ぬか先の見えない若者たちのライフコース。

ある日、イスラエルはエルサレムの旧市街を散歩していると、けたたましいサイレン音が鳴り響きました。 *ダマスカス門 何事かと騒乱の方向へ行くと、旧市街の大きな門の1つ、ダマスカス門の目の前に、大勢の群衆とイスラエル軍、救急車にパトカーが集まっ…

【分断壁のグラフィティ叫び集】バンクシーの作品から、パレスチナの壁を考える @ベツレヘム

www.youtube.com 島国日本におりますと、なかなか国境とか、領土とか、そういったものを強く認識することはありません。 しかし、これは本当に稀なケースでありまして、世界のほとんどの国が、陸続きで隣の国と国境を接しています。

【パレスチナ自治区行ってきた】壁の奥には、ヤバイ世界が待っていた。ベツレヘム、ヘブロン観光。

色んな人に反対されました。 パレスチナ自治区なんて行くもんじゃない! しかし、テルアビブ、エルサレムと越えて、このイスラエルという国の奥深さにどんどんと引き込まれていく。 これは、どうしても、、、パレスチナ自治区も見てみたい! ということで、…

3宗教の聖地、エルサレムについに来た! 嘆きの壁、聖墳墓教会、岩のドームを取り巻く、人種に主義に、確執まで。

一応、もろもろ国を旅する潤pなのですけれども、絶対に行った方がいい国としてオススメするならば、間違いなくここ、イスラエルを挙げるのです。 この国には、「衝撃」が溢れているわけですが、 そんな「衝撃」がいっちばんそこらじゅうに転がっているのが、…

【イスラエルを命をかけて守りたい】シオニズム活動家・19歳の若者は、どうして国家に命を投げ出せるのか。

シオニズム、シオニスト。 歴史の教科書に書かれた事実は、遠いどこかの昔話として僕らには思えているかもしれません。 しかし、ここイスラエルには、想像をはるかに上回る現実が当たり前として存在しているのです。 今回は、シオニズム活動家の19歳の青年、…

【兵役しなくちゃ未来ない!?】テルアビブ、活気付くスタートアップ イスラエル男性のライフコース。

世界中から注目を集め、スタートアップが盛り上がりを見せるイスラエルはテルアビブ。 同時に、兵役が義務付けられる人生で、イスラエル人の若者はどのように人生を歩んでいくのでしょう。 今回は、1人のイスラエルの最先端スタートアップキャリアを積み続…

【一瞬で100人のイスラエル人と繋がった!?】テルアビブ急成長中のスタートアップの今!

イスラエルのテルアビブは今、スタートアップの町として世界から注目を集めています。 その現状を見てみたい!こいつがテルアビブにやってきた目的なのです。 これまでの旅でも、スタートアップのメッカ、インド・バンガロールでフィールドワークを行ってき…

【日本人の知らない、イスラエル7つのこと】ユダヤ教、人種、シオニズム、超正統派、パレスチナ問題まで。

イスラエルのテルアビブは、なんとも平和なところです。 これだけでも、日本人の知らないイスラエルの姿なのですが、 なんだかんだの1週間ほど滞在してみると、今まで知ることのなかった不思議がわんさか見えてくる。 イスラエル人って、ユダヤ人のことだけ…

イスラエルに着いたら、平和すぎてビビった。

この旅で行く国の中でも、1番いろんな人から行くことを反対された国、イスラエル。 エジプトをちゃちゃっと済ませたあとに到着しましたのは、イスラエルの都市、テルアビブ。 近年急成長を見せるこの都市、中東のヨーロッパと言われるイスラエルの美しい経…

スポンサーリンク