潤pの、就活やめて、世界一周することにしちゃった。

2016/4/15から始まった、世界中の「働く」を探るプロジェクト! 日本の「就活」と「働く」ことに息苦しさを感じた「現役就活生」潤pが、世界の同世代と出会い、就活事情と労働環境、そのライフコースを取材、配信し、 帰国後に電子書籍化するプロジェクト。

世界の「働く」

【今、ベネズエラで何が起きているのか?】亡命者が語る、1日に50人が殺される国の現状。

ベネズエラの恐ろしい状況、知っていますでしょうか。 独裁政権によってコントロールされるこの国は、今、1日に50人が殺される治安状況と(*以下記事参照) チョコレート1枚買うだけで最高額紙幣が10枚必要なほどの、ハイパーインフレーションを迎えてい…

格差の就活事情【メキシコの格差構造を変えてやりたい】生い立ちに負けない1人の原住民系学生のキャリアプラン。

大きなバックパックを抱え、メキシコシティの地下鉄を移動している時、目の前にいた1人の若者が話しかけてきました。 男:それ、重くない? 何キロぐらいあるの? さすがはラテンアメリカ。 地下鉄内で見ず知らずの人に話しかけるなんて、オープンなお国柄…

【トランプが明かす、アメリカンドリームの崩壊】アメリカ資本主義の「美学」と、日本の生きづらさの正体。

アメリカという国を理解していなかったこれまで、アメリカは弱肉強食の優しさのかけらもない恐ろしい国だと思っていました。 しかし、こうして長くアメリカという国を感じてみると、この果てしのない競争も、アメリカ流の「美学」を元にできているのだという…

アメリカ就活事情【絶望は希望の始まりだった!】人種・格差を超えて、それでも挑戦する、アメリカの大学生。

学歴社会アメリカでは、ピンからキリまで大学のレベルも様々。 今回は、ニューヨークから州をまたいでニュージャージー州へ、といってもマンハッタンから川を越えて島向かい。 ニュージャージーシティ大学へ行ってきました。

【アメリカ弱肉強食の就活事情】学歴闘争に負けた若者の、超現実的なキャリアプラン。

究極の競争社会、アメリカ。 前回記事で触れたハーバード大学の優秀学生がいる一方で、そこにあぶれてしまう若者が存在するのもまた事実。 www.jumpeikobayashi.com ただ、彼らもただ黙ってい生きているわけじゃない。 彼らには彼らなりの人生設計があり、戦…

【勉強しなくちゃ生きてけない】究極の競争社会アメリカに生きる、世界1のハーバード大学生に就活直撃インタビュー!

絶対に行ってみたかった場所、ボストンのハーバード大学。 若者の「働く」意識を世界中で見て周っている潤pのプロジェクトにおいて、世界1の大学生の人生って、一体どんなものなのか、彼らは何を考えて生きているのか、見ないわけにはいかんのです。 *ハー…

【日本の生きづらさの根源は、イギリスにあった!】似てるようで似ていない、同じ島国、日本とイギリス。

ロンドンの街に着いた瞬間、久しぶりに東京を感じました。 こんなにスーツの人を見かけた国もこれまでなかったし、 険しい顔つきで忙しそうに人が行き交う交差点も久しぶり。 朝の通勤ラッシュでは改札にダッシュで駆け込む人がいて、 まさか、電車の中で、…

【移民に生まれてよかった】ロンドン移民の若者は、イギリス人より大人だった。クルド人移民の大人びたライフコース。

グローバル都市ロンドン。 この旅始めての英語圏だー!と思ってカチコミんで行ったら、周りで聞こえるのは、中国語、アラビア語、トルコ語、ヒンドゥー語、聞いたこともない言語、、、ってくらいのダイバーシティです。 日本人の知らないヨーロッパのグロー…

ファッションから考える、パリと原宿の「自由」は違うものだった!!

自由の国、フランス。 こんなに楽しい場所はない、パリ。 ただ、何でしょうか。 自由大好き潤pくん、なんだかここパリが物足りない。 フランスでは「自由」をテーマに考えてきておりますわけですが、 より掘りまして、 今回は潤pの思う、東京の自由の聖地、…

【デモもするけどバカンスもしたい】世界1自由に生きるフランス人のライフスタイルとは!?

パリ滞在中、家に泊めてくれていたフランス人の友人Aさんが、こんなことを言いました。 A:フランス人にとって一番大切なことは、自由だと思う。 *家に泊めてくれていたフランス人カップル

【日本人の知らない、理想国家スウェーデンの崩壊】高福祉国家に生まれた若者は、本当に幸せなのか?

これまで潤pは爆速で歩くことで名を馳せてきたわけですが、 世界23カ国周る中唯一潤pを追い越したのは、スウェーデン人だったのです。 なんなんでしょうか、スウェーデンに来てからというもの、奇妙な感覚が抜けません。 滞在中1日も晴れなかったということ…

【豊かなスウェーデンで、夢を失う若者たち】実は知らないスウェーデンの若者の今!

スウェーデン。 この旅の中で、必ず行かなければいけない場所だと、出発前から考えていました。 豊かな高福祉制度に支えられた、世界でも先進的だと評判の北欧の国には、それはそれは世界でもずば抜けて尊敬すべき若者がいるのだろうと。 しかし、、、事情は…

【休学したけど、やっぱりスウェーデンがいい】意外と保守的なスウェーデンの若者たち。ストックホルムの就活事情。

スウェーデン人の若者は保守的だった!? 福祉国家で、休学も当たり前、なんて素晴らしい社会の裏にある、若者たちを保守的に向かわせる意外な動機がありました。 今回は1人のスウェーデン人の若者から、そのライフコースの描き方、就活、聞いてきました。

【日本人とドイツ人は全く似ていなかった!】ドイツ人にできて日本人にできない6つのこと。

よく、日本人とドイツ人は似てるって言われませんか? お互い、勤勉、真面目で、同じ工業国。第二次世界大戦の敗戦国と。 ただ、ドイツに行ってみて、現地の人たちと出会ってわかったことがあります。 日本人とドイツ人って、ぜんっぜん似てない!!!むしろ…

【学校行く意味ないから中退した!?】職人として生きていくドイツの若者、日本人の100倍自由で真面目なライフコースの描き方。

ドイツは今回潤pが旅した国の中で、 最もブルーカラーの地位が高い国でした。 日本を含めて世界的に、ホワイトカラーの人は、高学歴、高収入、社会的地位の高い人として認識される一方、ブルーカラーで働く人に対する負のイメージは少なからずあると言わざる…

【10歳で人生が決まる!?】世界一見習いたいドイツの若者とは? - ドイツの教育システムから考える。

宣言できることがあります。 この旅を通して出会った若者の中で最も見習いたい若者は、ドイツ人の若者たちでした! 潤pの主観であることは前提として、世界で最も自由、それでいて堅実、そして積極的な彼らのその洗練されたマインドは、一体どのような背景か…

国籍もパスポートもない若者たちの、社会に風穴をあけるカウンターカルチャー。@イスラエル・ゴラン高原に住むドールズ教徒の若者たち。

旅をしていると、「見極め」を試されることが多い。 これ、本当に美味しいのか? これ喰っても、腹壊さないか? ここは、危なそうだから行くのやめよう。 これ、ハニートラップじゃないよね。。。 一番難しいのが、 この人信じてもいいのか!?それとも悪人…

【本当の被害者は、イスラエル人の若者だった】ユダヤ人の若者が語る、パレスチナ問題、イスラエル側の視点。

イスラエルの若者は、3年間の兵役が義務付けられています。 韓国など世界のいくつかの国にも兵役はありますが、未だテロなどが絶えない不安定なイスラエルの兵役の厳しさは、群を向いている。 トム:仲間が何人も、目の前で殺されたんだ。 極限状態で生き抜…

【ホテルからすぐ、アラブ人男性が殺された】パレスチナ人の就活 - 殺すか死ぬか先の見えない若者たちのライフコース。

ある日、イスラエルはエルサレムの旧市街を散歩していると、けたたましいサイレン音が鳴り響きました。 *ダマスカス門 何事かと騒乱の方向へ行くと、旧市街の大きな門の1つ、ダマスカス門の目の前に、大勢の群衆とイスラエル軍、救急車にパトカーが集まっ…

【イスラエルを命をかけて守りたい】シオニズム活動家・19歳の若者は、どうして国家に命を投げ出せるのか。

シオニズム、シオニスト。 歴史の教科書に書かれた事実は、遠いどこかの昔話として僕らには思えているかもしれません。 しかし、ここイスラエルには、想像をはるかに上回る現実が当たり前として存在しているのです。 今回は、シオニズム活動家の19歳の青年、…

【兵役しなくちゃ未来ない!?】テルアビブ、活気付くスタートアップ イスラエル男性のライフコース。

世界中から注目を集め、スタートアップが盛り上がりを見せるイスラエルはテルアビブ。 同時に、兵役が義務付けられる人生で、イスラエル人の若者はどのように人生を歩んでいくのでしょう。 今回は、1人のイスラエルの最先端スタートアップキャリアを積み続…

【一瞬で100人のイスラエル人と繋がった!?】テルアビブ急成長中のスタートアップの今!

イスラエルのテルアビブは今、スタートアップの町として世界から注目を集めています。 その現状を見てみたい!こいつがテルアビブにやってきた目的なのです。 これまでの旅でも、スタートアップのメッカ、インド・バンガロールでフィールドワークを行ってき…

ヒジャブは気分!? - エジプト人の若者の「新しい」イスラム教。

とりあえず、ピラミッドの街、エジプトのカイロでまったりと過ごしているわけでして、 イスラム国家としてはこの旅で4国目(バングラデッシュ、オマーン、ドバイ)、 アラビックな国としては3国目(オマーン、ドバイ) となるわけですが、同じムスリムの国…

JICAの日本人教師に、人生を変えられたケニア人。- ナイロビ・ニューケニアロッジで働くピーターさん。

世界中、無数にあるゲストハウス。 ゲストハウスのスタッフは、バックパッカーがその国で初めて関わるローカルの人だったりしますけども、 彼らも様々な人生を背負いながら、今そこで働いているのです。 ケニアの首都ナイロビの、有名な日本人ゲストハウス、…

路上生活に虐待に、どん底のスラムの若者は何故、笑顔なのか? - ケニア・ナイロビのキベラスラム。若者たちの希望の「循環」

アフリカ最大のスラム、ケニア・ナイロビのキベラで出会ったのは、若くして想像を絶するような生涯を背負った若者たちでした。

タンザニアの若者が始めた、本当のスタートアップ。@ダルエスラームに生きる若手起業家たち。

これまでのフィールドワークで明らかになった、タンザニア人の働くスタイル。 ・大卒でも半数が就職できないという現状。・厳しい環境下で生き残るために、複数の仕事を掛け持ちするスタイルが一般的。・学歴の効力が少ないサバイバル社会。 実際にそのよう…

【タンザニア人ビジネスマンの、アンテナの張り方がヤバかった】最悪の状況下で、最高のビジネスチャンスの見つけ方

ジャンボ!マンボ!セジャンボ!ウコポア!ニコポワ!シュワリ!ハバリ! これら全て、スワヒリ語の挨拶表現である。 タンザニアの母語、スワヒリ語は、ひたすらにハッピーな言葉なのであります。 道端で、しょっちゅう皆んな立ち止まってこの挨拶を交わして…

【大卒の半数が就職できない理由】タンザニア・ダルエスサラーム大学生の就活事情。

楽しすぎるタンザニアは最大都市ダルエスサラームの日々。 しかし、そこに実際に生きる人々が、その笑顔の通り幸せな暮らしをしているかというと、必ずしもそうではありません。 特に若者にフォーカスして、彼らの「就活」を考えると、その厳しさに唖然とし…

3人の外国人労働者が語る、虚しい壮麗の都市・ドバイの実情。

ドバイにあったのは、 絶対的な補償制度により裕福な生活が守られた人口2割程度の自国民と、 高賃金を求めてやってきた人口大多数の外国人労働者という、 2つの世界でした。 この、華麗で、富の象徴である新しい大都会ドバイとは、一体どんな場所なのか。 …

人口の8割以上が外国人!? セレブ・夢の土地、ドバイの2つの世界。

前回記事でお伝えしました、ドバイに全く生きている心地のしなかった理由。 人々から、その土地から、全くエネルギーが感じられないわけです。 何故か。単純明快。 現地人を見る機会がない。 それもそのはず、この国、自国民は人口の2割以下という、外国人労…

オマーン人イスラム教徒のお父さんが語る、息子に託したい人生の幸せの形。

未知の国、オマーン。 アラビア半島の端っこに位置するこの国がどんなところなのか、日本人で知る人はほとんどいないのではないでしょうか。 環境、自然、宗教、建築、食、あらゆるものが日本とは遠すぎるこの国で生きる人々は、どのようにして人生を送って…

人口の半分が外国人!? オマーン人と外国人労働者の、不思議と円滑な共生社会。

男:おい!お前!インドネシア人か! オマーンの首都マスカットの公園でたたずんでいると、1人の男が話しかけてきた。

世界1の就職勝ち組!?インド工科大学(IIT)の大学生に直撃インタビュー。世界で1番優秀な化け物たちは、どうやって人生を歩んでく?

皆さんはこの世の中に、大学に入った時点で、 世界の超有名企業の内定が確定している、 かつ、初任給1000万以上のオファーを受ける、 大学生たちがいることを、知っていますか!?

スラムに生きる少年は、幸せだった。インドの「最底辺」の「最高」なライフコースの描き方。

インド最大のスラム、ダラビで1人の少年と出会いました。 最悪と言わざるを得ないような環境で育った彼は、間違いなく僕の抱いていた「スラムの少年」とは異なる目の輝きを持っていました。 ついに出会った、インドの「最底辺」に生きる若者の語り、まとめ…

インドの洗濯カースト!?ムンバイの大洗濯場、ドービーガート行ってきた。

インド、ムンバイの洗濯屋さんに行ってきたのです。 と言っても、商店街のクリーニング屋さんでもなければ、コインランドリーでもないのがインドの洗濯屋さん。 どん! こちらが全て、インドの洗濯屋さんなんです。 ドービーガートと呼ばれるこちらは、イン…

スラムから歌手になれる時代に!?インド最大スラムの、子供達の授業風景。

前回記事で紹介した、インド最大のスラム、ダラビのスラムツアー。 このツアーの運営NGOである、Reality Tours and Travel は、ダラビスラム内で教育施設も運営しています。 ツアー内で教室を見学させてもらうこともできましたけれども、そこはいつものよう…

インド最大のスラム街、ムンバイのダラビ、スラムツアー行ってきた。

スラムドッグミリオネアという映画、ご存知でしょうか? www.youtube.com アカデミー賞を受賞した作品。 インドのスラムで育った若者が、テレビショーのクイズミリオネアで勝ち上がっていくというストーリー。 劇中、インドの惨たらしい生き方や壮絶な人生が…

やって来ましたムンバイ!まだまだ続く、列車内で会ったインドの若手ビジネスマンたち。

さてさて、刺激的すぎる日々を満喫させてくれたバンガロールに別れを告げて、潤pが次に目指しますのは、インド最大の都市、ムンバイ。 何が待ってるかって、アカデミー賞のあの映画、スラムドッグミリオネアの舞台になった、あの街が迎えてくれるわけですか…

マリファナ吸いながら最高の結果を出していく!? カオスなインドの最先端の労働意識。

インドがカオスと言われている所以は、人間のえぐい部分が全て存在しているからだと思うわけですけれど、 しかし、ただ汚いだけではえぐいものは際立たないわけで、そこに全く正反対の存在が力強く輝いているものですから、インドはカオスたり得るのだと思う…

物差しに生きる人々、インド人の学歴主義の正体とは?カースト制度の消え失せた近代都市バンガロールの、新しいカースト。

インド首都、デリーの地下鉄で切符を買おうと列に並んでいる時の一瞬の出来事。 潤pの前に並んでいた、身なりのいい男の財布からお札が落ちて、それに気がついた1人の身なりの悪い男が肩を叩いて呼び止めた。 身なりのいい男は気がついて拾うものの、何も感…

何故今、時代はスタートアップなのか!?バンガロール現役起業家が教える、スタートアップでチャレンジし続ける真意とは?

www.youtube.com バンガロール、スタートアップ界隈のフィールドワークの面白さは尽きません。 今回スタートアップ企業のオフィスにお邪魔することができまして、スタートアップとは何なのか!?スタートアップが持つ本当の力とは?そこんとこ聞けました。

バンガロール、スタートアップ最前線のミートアップイベント行ってきた。爆発するインド若エネルギー!

インドのシリコンバレー、スタートアップのメッカ、バンガロールの週末の過ごし方といえば、ミートアップ! バンガロール中から、いやインド中から集まるエネルギーに満ち満ち溢れましております若手起業家たちが、情報交換し、お互いを高め合う場として多数…

日本の東京よりも、インドのバンガロールの方が、スタートアップの最先端である理由。

バンガロールにおりますと、普通に生活しているだけで、「スタートアップ」という存在を感じる場面が非常に多いのです。 例えば、街中にはスタートアップ企業の広告類が溢れてますし、交通網の未だ弱いバンガロールでは、Uberを呼んで移動したほうが安くて早…

バンガロール、スタートアップに失敗したインド人若手起業家の、日本では想像できないスピード感。

散々以前の記事までで、バンガロールの爆発的なスタートアップの勢いを押してまして、そんなところを中心にフィールドワークを展開しているこの頃ですが、何としても実際にスタートアップに関わっている人にその話を聞いてみたい。 ということで、今回その本…

スタートアップが止まらない!!インド・バンガロールのスタートアップの今。

空港に着いた瞬間、UBERの看板がでかでかとカチ込んできたバンガロール。 開始早々そのスタートアップの勢いを拳で表現してくれたこの土地は、やはりインドを、いや世界のITビジネスを牽引する急成長の都市でした。 滞在中もバンガロールの猛攻は止まりませ…

東南アジアの「働く」総まとめ。発展途上国ではまとめきれない、各国の「働く」「生きる」

大好きな東南アジア。 安くて、美味くて、楽しくて。 航空券も安く、文化的なギャップも少なく、何より親日国が多い為、日本人が気軽に訪れやすいエリアです。 東南アジアには(バングラデッシュも東南アジアにカウント)、2ヶ月半、4カ国、7都市に滞在し…

バングラデッシュ人は、全員ブラザー!? 共に働いて、生きる、「家族」となるの働き方。

ヘーイ!ブラザー! バングラデシュ人(イスラム教徒)は、すぐに誰でも兄弟になってしまう。 潤p:初めまして!あなたはどなたですか?A:彼のブラザーです。潤p:そうですか!あなたは?B:ブラザーです!潤p:おぉ!あなたは?C:私もブラザーです! 何人…

20歳で、大家族を養って生きて行く。バングラデッシュ人のローカルホームお邪魔してきた。

名前:シュボ年齢:20歳職業:学生、AGフードスタッフ 街のファストフード店でアルバイトとして働く、バングラデシュの学生シュボ。 これまでの彼らとの話は以前の記事で! バングラデシュ滞在中、めちゃめちゃ世話を焼いてくれた彼のライフに、触れてみるこ…

軍事政権はミャンマーを平和な国にした? 不思議な国民、ミャンマー人。

ミャンマー人の「働き方」「生き方」は、到着するまでの僕のイメージとは大きく異なるものでした。 そもそも、来る前は、 え?軍事政権だった国でしょ?怖い。 みたいな。 けれどそこにあったのは、こちらがニコリとすれば、向こうもニコリと笑顔で返してく…

日本で働く外国人って何考えてるの?ミャンマー日本技能実習生の心の内。

日本でも、最近ではコンビニやらファミレスやらで、たどたどしい日本語の外国人を見かける風景が当たり前になってきました。工場で働く外国人労働者も含めれば、すでに日本の労働力の一部が彼らの手によって賄われていることがわかります。 いつもは大して気…

スポンサーリンク